立春を過ぎて、いよいよ2018年の戌(いぬ)年が本格スタートですよ!
株式市場の格言では、戌年は「戌笑う」といい、「相場が活気づき始め、笑みがこぼれる」という明るい展望の年。
戌も笑うなら、もちろん私たちもいっぱい笑いましょ!ということで、先日、福島県立医科大学教授の大平哲也先生による「心と身体を癒す笑いの効果」という講演を聞いてきました。
「笑い」がもたらす効果をエビデンスをとって研究をされている先生です。
まず医学的に証明されている笑いの効果は、痛みに効く、糖尿病、アレルギーに効く、免疫力を上げる、睡眠の改善、循環器疾患の改善、血管の機能を良くする、生活習慣病や認知症の予防などなど。ようするに長寿のために「笑い」の効果は抜群!
また「笑い」の運動効果は、15分笑うと40キロカロリー消費の有酸素運動になるそう。腹式呼吸になるので、リラクゼーション効果で脳のリラックス作用もあるとのこと。
人はどんな時に一番笑っているか?を調べたら、1位が家族と友人と話しをしている時、2位がTVやビデオを観ている時だそうで、『一緒に居て笑える人と付き合うこと』が「笑い」を増やして、身体にも脳にも心にも好影響になるという結果でした。人付き合いも良くなりますね。
作り笑いでも大丈夫で、笑う行動そのものが心身に効果があるそうです。

本当に笑っちゃうような真面目な研究データもあって、
・お金持ちだから笑うのか?笑うからお金持ちになったのか?
(データでは笑っているとお金持ちになると判明)
・健康(長生き)だから笑うのか?笑うから健康なのか?
(こちらも笑っている人の方が寿命が長かったと判明)などなど。
笑っていれば面白くなる!お金持ちになる!長寿になる!という結果に。
「笑い」は、ハハハハ!と声に出して笑いましょうね。毎日10回以上がおすすめ♪

ほんとうに、笑っていれば絶対にいいことが起きるから。
これからも一緒に笑いましょう、ね。
02浅草寺 (768x1024) - コピー